60代乾燥肌のスキンケアのポイント

乾燥肌のスキンケアでは当然保湿対策が最優先となるわけですが、60代になると保湿だけではなく肌環境全般を視野に入れたケアが求められるようになっていきます。老化の原因で乾燥が加速している面もありますし、乾燥が原因で肌トラブルを抱えてしまっていることも多いのでそれらの問題も含めてケアしていく必要があるからです。

60代乾燥肌のスキンケアは保湿成分と油分をセットで補う

60代の美容液

保湿対策ではセラミド、コラーゲン、ヒアルロン酸といった保湿成分をうまく補っていくことが第一ですが、同時に油分もうまく補うよう心がけましょう

 

年齢を重ねるとこれら角質層の保湿成分が不足するだけでなく皮脂の分泌量も減少することで皮脂膜の形成に必要な皮脂も不足していきます。その結果皮脂膜が表皮にフタをする働きが十分に機能しなくなり、角質層の水分が失われやすくなってしまうのです。

 

この状態だと水分だけでなくせっかく補った保湿成分もすぐに蒸発して十分な効果が得られない恐れがあるので必ず保湿成分と油分をセットに補っていきましょう

 

その際には乳液とクリーム選びが大事になってきます。適度な油分を補うのはもちろん、ベタつくなどの不快感がない使い心地も大事ですし、摩擦による刺激を避けるためにもできるだけ塗りやすくなじみやすいかどうかも忘れてはならないチェックポイントです。

 

どれぐらいの油分を補えばいいのか、肌の状況も踏まえた上で判断しましょう。

 

また、油分だけでなくセラミドを補うことができる乳液・クリームも増えています。もともと脂溶性のセラミドは油分が多めのアイテムの方が相性がよいからです。この点も保湿成分と油分をセットで補っていく上でのポイントとなるでしょう。

60代の乾燥肌はたるみやシワの有効成分も補うこと

60代の美容液

それから乾燥が肌にどんな影響を及ぼしてしまっているのかも見ておきましょう

 

たとえばバリア機能が低下していると紫外線のダメージでメラニン色素の生成量が増加してシミ・くすみが起こりやすくなります。また60代になるとターンオーバーもかなり乱れていますから、メラニン色素が排出されにくいこともシミ・くすみの大きな原因となります。

 

ですからプラセンタエキスやEGFなどターンオーバーを活性化させる成分をうまく補っていくほか、必要に応じて美白化粧品を使用した美白対策も取り入れてみましょう。

 

60代の乾燥肌は老化との関係が非常に深いため、肌のたるみ・シワの原因になってしまっていることもあります。バリア機能が低下していると紫外線のダメージが真皮層にまで達してしまい、そこで肌を支えているコラーゲン・エラスチンを破壊してしまうからです。

 

そのため肌のハリを改善するためコラーゲンとエラスチンの生成量を促すビタミンC誘導体やレチノールといった成分もとりいれていきたいところです。この辺りはシワ・たるみが気になるのか、シミ・くすみが気になるかでスキンケアの比重が変わってくるでしょう。

60代敏感肌のスキンケアのポイント

60代の敏感肌は50代よりも若い年代に比べてもとくに慎重なケアが求められます。老化の影響もあってバリア機能がかなり低下しているため、ちょっとした刺激に反応して肌荒れやニキビを起こしてしまいやすいほか、刺激が活性酸素やメラニン色素を増やすことでさまざまなトラブルを引き起こしてしまう恐れもあります。

天然由来=敏感肌にも安心という考え方はダメ

60代の美容液

まず自分の肌に合うかどうかに徹底的にこだわってスキンケア製品を選んでいきましょう

 

ネット通販でいろいろな製品の情報を得ながら手軽にスキンケア製品を購入できる環境になっていますが、その一方で知名度や口コミ情報などを安易に信じて購入・使用するケースも少なくありません。

 

とくに注意したいのが「天然由来の成分=敏感肌でも安心してしようできる」というイメージです。確かに植物由来の成分は化学的に合成された成分よりも刺激が少なく敏感肌に適しているのですが、100パーセント安全ということはありません。

 

しかもバリア機能が低下していると植物エキスに含まれている物質に対してアレルギー症状を起こすこともあります。使ってみて少しでも異常が見られた場合にはすぐに中止して様子を見る。「敏感肌用の製品だから」と無理して使い続けるようなことは避けましょう

60代敏感肌はシンプルなスキンケアを心がける

60代の美容液

シンプルなケアを心がけることも60代の敏感肌における大事なテーマです。スキンケア製品はひとつひとつの製品が低刺激でも重ねて使用すれば負担が大きくなります。

 

また、刺激の少ない美容成分だけを配合された製品もたくさんの種類が配合されていると刺激が強くなります。こうした積み重ねによる負担が自分の敏感肌にマイナスに作用しないかどうかもスキンケアの大事な点となるわけです。

 

60代の方はあまり欲張らずにできるだけシンプルな内容のスキンケア製品でシンプルなケアを心がけましょう。オールインワンがエイジングケアに適しているといわれている理由のひとつもここにあります。

 

もうひとつオールインワンのメリットとしてよく挙げられるのが塗付する際の摩擦による刺激を軽減できる点です。これは60代の敏感肌にとって非常に大きなメリットですから、バリア機能が低下している方はオールインワンの中から自分に合った製品を探してみるとよいかもしれません。

 

化粧水や美容液を単品で使用する場合には何度も擦らずに塗付できる伸びがよく、肌になじみやすいものを選びましょう

 

極端に言ってしまえば「できるだけケアしない」のが60代敏感肌のスキンケアのポイントです。最小限のケアで肌を保護し、保湿対策で乾燥とバリア機能の低下を改善していけるケア環境を考えていきましょう。

60代脂性肌のスキンケアのポイント

60代で脂性肌の方はある意味恵まれているとも言えます。基本的に肌は年齢を重ねるにつれて乾燥していきますし、それに合わせてバリア機能も低下していくのでトラブルを起こしやすく、また肌に負担をかけずにケアしていくのが難しくなります。バリア機能の低下が紫外線のダメージを増やすなど活性酸素を増やす原因をもたらす点も乾燥肌のデメリットです。

 

こうした問題を抱えていない脂性肌はエイジングケアの観点からすると恵まれているとも言えるわけです。

60代に限らず脂性肌のスキンケアポイントは洗顔

60代の美容液

ただ脂性肌には脂性肌の悩みがもちろんありますし、適切なケアを行わないとさまざな肌トラブルを抱えてしまうことになりかねません。

 

また更年期を過ぎるとホルモン分泌の影響で皮脂が増加した脂っぽくなることもあります。こうしたケースでは単に皮脂の分泌量が増えるだけでなく、角質層の保水力が低下したり、ターンオーバーに乱れが生じるといった問題も起こるので脂っぽい状況を改善するだけにとどまらず肌環境全体の改善を目指していくことも大事です。

 

脂性肌のケアのポイントは年代を問わずまず洗顔です。

 

注意したいのは洗浄力が強すぎる洗顔料を使用しないこと、そして指で摩擦しすぎないことです。洗顔の際には皮脂だけでなくセラミドも洗い流されてしまいます。

 

ですから多い皮脂を一生懸命落とそうとゴシゴシと擦って洗うとセラミドも失われてしまい、肌のバリア機能や乾燥の原因となります。皮脂の分泌量は多く表面は脂っぽいのに角質層の内部は乾燥しているインナードライの原因になってしまうこともあります。

 

この問題を防ぐためにはできるだけ泡立ちがよく粒子が細かい洗顔料を使用するのがポイントです。粒子が細かい泡は吸着力にも優れているので強く擦る必要もなく毛穴の奥にまで入り込んで汚れを吸着して落としていくことができます。

60代は固形石鹸など泡立ちがよい洗顔料を選ぶこと

60代の美容液

60代になったとくに固形石鹸のように泡立ちがよい洗顔料を選ぶこと、そして泡立てネットなども使用しつつ手間をかけてよく泡立てるよう心がけることが求められます。

 

ターンオーバーの乱れを改善するケアも併せて行っていきましょう。ターンオーバーの周期は一般的に28日周期といわれますが、年齢を重ねるにつれてどんどん遅れが生じ、60代になると50日を越えてしまうことも少なくありません。

 

脂っぽい肌でターンオーバーが遅れがちになると皮脂や角質が表皮や毛穴に蓄積されやすく肌荒れやにきびの原因となってしまいます。プラセンタエキスやEGFなどターンオーバーを活性化させる成分をうまく補っていきましょう。

 

あとは皮脂分泌を抑制する働きがあるビタミンC誘導体やビタミンB2、B6を補っていければかなり効果的に脂性肌対策を行っていくことができるはずです。

60代混合肌のスキンケアのポイント

60代で混合肌に悩まされている方はまず何が原因でそうなってしまっているのかを考えてみましょう。皮脂分泌が活発な20代、30代ならともかく、60代なって混合肌の悩みを抱えているからには肌になんらかの問題を抱えている可能性が高いからです。

60代の混合肌はインナードライに陥っていないかチェックすること

60代の美容液

つまり混合肌そのものをケアするよりもまず原因を把握したうえでそれを解消するためのアプローチが求められます。

 

まず混合肌ではなくインナードライに陥っていないかどうかを見直してみましょう。

 

年齢を重ねるにつれて皮脂の分泌量は減少していくものですが、過剰な洗顔などで皮脂を除去しすぎてしまうとそれを補うために分泌量が増加することもあります。もともと皮脂の分泌量が多いTゾーンにそうしたケースが見られることが多いうえに、角質層の保湿力が低下した60代の肌では皮脂の分泌量が多い部分と乾燥している部分の差が大きくなりがちです。

 

口元や目元はカサカサの状態なのにTゾーンばかりが油っぽい場合にはインナードライに陥っていないかどうかを確認してみましょう。

 

洗浄力が強すぎる洗顔料を使用していないか、脂っぽいからといって指で何度も擦って洗っていないかどうか。インナードライの問題を抱えているとスキンケア環境そのものが見当違いなものになってしまいがちなので気をつけましょう。

 

それからホルモンバランスにも着目しましょう。スキンケアとは直接関係ありませんが、スキンケア以上にこの年代の混合肌対策では重要になってくることもあります。更年期を過ぎると女性ホルモンのエストロゲンの分泌が非常に少なくなります。

60代の混合肌は乾燥部分に合わせてスキンケアすること

60代の美容液

このホルモンには皮脂の分泌を抑制する働きがあるため、更年期を過ぎると皮脂が増加することもあるのです。ですから角質層の保水力が低下したことで乾燥しやすい部分はどんどん乾燥していくのに対して皮脂の分泌量が多いところは脂っぽくなってくるわけです。

 

ですからスキンケアだけでなく大豆イソフラボンなどエストロゲンを補う働きがある成分を食事やサプリメントで摂取してみましょう。

 

スキンケアでは乾燥している部分に合わせてケア環境を整えるのが鉄則です。

 

脂っぽいからといって刺激の強い洗顔料や美容液を使用すると乾燥している部分に負担がかかってしまうからです。ですから保湿対策をメインにしたケアを心がけつつ、Tゾーンの皮脂分泌をうまく改善していける方法が求められます。

 

ポイントとしては皮脂分泌を抑制する働きがあるビタミンCやビタミンB2、B6といった成分をうまく補うことがまずひとつ、これらの成分は老化対策やターンオーバーの活性化にも役立つのでとくに重要です。

 

それからプラセンタエキスやEGFなどでターンオーバーを促すことで新しく健康な皮膚に入れ替えることで乾燥している部分と脂っぽい部分の差を減らすケアも役立つでしょう。

 

コスメルジュ編集部が選んだ60代におすすめの美容液

60代におすすめの人気美容液

パーフェクトワン 薬用ホワイトニングジェル

60代美容液口コミ

3500万個突破!たるみとシミを同時にケアする日本で最も売れているオールインワン
4,500円→3,700円・税別 ※初めての方限定/定期コース初回2,250円(2回目以降10%OFF)税別
>>パーフェクトワンの公式HPで詳しく見てみる!
リソウ リペアジェル

コラーゲン不足が原因のしわ・たるみに!1滴の水も加えない高濃度美容液
たっぷり2週間お試しに今ならリペアウォーター(化粧水)もついて1,980円!通販限定
(15000円の本商品が2週間たっぷりお試し!さらにリペアウォーター3000円付)
>>リソウの公式HPで詳しく見てみる!
ヴィーナスプラセンタ原液

60代美容液口コミ

1滴でシミ・シワ・毛穴に即感力!貴重な3大美肌成分を原液でトリプル配合
30ml 4,500円・税別/定期初回1,980円(2回目以降3,600円)税別
>>ヴィーナスプラセンタ原液の公式HPで詳しく見てみる!
HAKU メラノフォーカスV

14年連続美白美容液売上No.1!資生堂独自の美白有効成分がシミの発生をブロック
Web限定1ヵ月トライアルサイズ3,996円・税込(お試し20g+詰め替え用ボトル)
>>HAKUの公式HPで詳しく見てみる!
プリオール ジェル美容液

まるでテープを貼ったようなハリ感!あらゆる年齢線を目立たなくさせるジェル美容液
プリオールスキンケアお試しセット1,080円・税込
(メーク落とし洗顔石鹸8g・化粧水30ml・ジェル美容液7g・おしろい美白乳液(日中用)5ml・クリームイン乳液7ml・BBジェルクリーム)
>>プリオールの公式HPで詳しく見てみる!