60代の洗顔やクレンジングのポイントってどんなことでしょうか?

60代のスキンケアでは洗顔とクレンジング負担に注意しなければなりません。いくら化粧水や美容液を低刺激なものに切り替えても汚れを落とす段階で肌に負担をかけてしまっていては意味がないからです。

 

この点は40代くらいから注意が必要だとよく言われますが、60代になったらとくに老化の影響でバリア機能が低下してしまっているため改めて見直す必要があります。

60代は洗う際に負担をかけないようなメイクを心がけること

60代の美容液

この60代の洗顔とクレンジングにおけるポイントはそもそも洗う際に負担をかけないようなメイクを心がけることにあります。要は最小限の洗い方でメイクと汚れをしっかり落とすことができればよいのですから、メイクをできるだけ薄く済ませるのが第一です。

 

メイクを濃い目にしてしまうとどうしてもそれを落とすためにクレンジングをしっかり行わなければならなくなりますし、オイルクレンジングのように洗浄力と刺激の両方が強いタイプの製品が必要になります。

 

逆に低刺激のクレンジング剤や洗顔料を使うとメイクを落としきれずに汚れが肌と毛穴に残って肌にダメージをもたらしてしまいます。それを防ぐためにもまずはクレンジングと洗顔が負担にならない程度のメイクを心がけましょう。この点はメイクの負担そのものを軽減する意味でも重要なポイントです。

 

そのうえでクレンジングの種類に目を向けてみましょう。先ほども触れたようにオイルクレンジングはメイクをしっかり落とすことができる優れた洗浄力を備えている一方、肌への刺激が強くなります。

 

60代のクレンジングではできればこのタイプは使用せず、もっとも肌への負担が少ないミルクタイプ、クリームタイプなどのクレンジング剤を使用しましょう。

 

なお、薄いメイクなら乳液でも落とすことができますから、日常のメイクでは乳液で落とせる程度で済ませてくのもよい方法です。

ダブル洗顔が必要なのかを見直すのも60代の洗顔のポイント

60代の美容液

ダブル洗顔が必要なのかどうか、根本のところから見直すのも60代のケアでは欠かせないポイントです。

 

クレンジングでメイクを落とした後に改めて洗顔で汚れを落とそうとするとどうしても肌に負担がかかります。本当に自分の肌環境にダブル洗顔がふさわしいのか、肌に負担をかけてそれがトラブルの原因になってしまっていないか

 

50代までの「ダブル洗顔は必要」という常識をいったん疑ってみたうえで洗顔環境そのものを見直してみましょう。

 

なお、現在ではクレンジング効果を持った洗顔料、逆に洗顔もできるクレンジング剤といった製品もありますから、こうした製品の中で自分に合いそうなものを探していくのもよい方法です。

 

このようにクレンジングと洗顔の負担をいかに軽減することができるか、これが60代のスキンケアの基本を決める部分にもなるだけに改めて自分の環境を見直してみたいところです。

60代におすすめの人気美容液

パーフェクトワン 薬用ホワイトニングジェル

60代美容液口コミ

3500万個突破!たるみとシミを同時にケアする日本で最も売れているオールインワン
4,500円→3,700円・税別 ※初めての方限定/定期コース初回2,250円(2回目以降10%OFF)税別
>>パーフェクトワンの公式HPで詳しく見てみる!
リソウ リペアジェル

コラーゲン不足が原因のしわ・たるみに!1滴の水も加えない高濃度美容液
たっぷり2週間お試しに今ならリペアウォーター(化粧水)もついて1,980円!通販限定
(15000円の本商品が2週間たっぷりお試し!さらにリペアウォーター3000円付)
>>リソウの公式HPで詳しく見てみる!
ヴィーナスプラセンタ原液

60代美容液口コミ

1滴でシミ・シワ・毛穴に即感力!貴重な3大美肌成分を原液でトリプル配合
30ml 4,500円・税別/定期初回1,980円(2回目以降3,600円)税別
>>ヴィーナスプラセンタ原液の公式HPで詳しく見てみる!
HAKU メラノフォーカスV

14年連続美白美容液売上No.1!資生堂独自の美白有効成分がシミの発生をブロック
Web限定1ヵ月トライアルサイズ3,996円・税込(お試し20g+詰め替え用ボトル)
>>HAKUの公式HPで詳しく見てみる!
プリオール ジェル美容液

まるでテープを貼ったようなハリ感!あらゆる年齢線を目立たなくさせるジェル美容液
プリオールスキンケアお試しセット1,080円・税込
(メーク落とし洗顔石鹸8g・化粧水30ml・ジェル美容液7g・おしろい美白乳液(日中用)5ml・クリームイン乳液7ml・BBジェルクリーム)
>>プリオールの公式HPで詳しく見てみる!