60代のシミ・くすみのケア方法

60代のシミ・くすみ対策で難しいのはすでにできてしまったシミをいかにうまく目立たなくさせていくことができるか、です。

60代のシミ・くすみは肌に負担をかけずに取り組んでいける対策

60代の美容液

シミ対策といえば美白化粧品の使用がまず思い浮かびますが、市販の美白化粧品に配合されている美白成分の多くはシミの原因となるメラニン色素の生成を抑制する作用、つまりこれからシミができるのを防ぐのに役立つものばかりです。

 

ですからすでに目立つシミができてしまっている場合には期待したような効果が得られない可能性もあります。

 

実際のところ60代の段階でできてしまったシミを完全に消すのは困難ですから、できるだけ目立たないようにすることを目的にケアを行っていきましょう。

 

たとえばハイドロキノンは非常に強力な美白作用を持っているうえにすでにできたシミを薄くする還元作用を備えています。しかし反面肌への刺激が強く、バリア機能が低下した60代の肌に不用意にしようすると効果よりも肌荒れなどのデメリットの方が強く出てしまう恐れがあります。

 

基本的にはこうした刺激の強い方法ではなく、肌に負担をかけずにじっくりと取り組んでいける対策を行っていきましょう。

 

シミを薄くする還元作用ではビタミンC誘導体も備わっています。美白成分としての効果はあまり強くありませんが、肌への刺激が少ないうえに抗酸化作用やコラーゲンの生成を促すといった幅広い美容効果が期待できます。

 

ですから還元作用をケアに取り入れる場合にはビタミンC誘導体が配合された美白化粧品を使っていきましょう。

酵素洗顔やピーリングで古い角質を排出する

60代の美容液

それからターンオーバーの活性化もケア方法の大事なポイントです。

 

とくにくすみ対策ではターンオーバーを活性化させてメラニン色素や古くなった角質の排出を促すことができるかが大きなポイントです。

 

60代になるとターンオーバーの周期はかなり遅れてしまい、古い角質がいつまでも残り続けることで肌の透明感が失われてしまったり、メラニン色素が沈着しやすい環境になります。ターンオーバーを促すプラセンタエキスやEGFといった成分をケアに取り入れるほか、角質を溶かして洗うことができる酵素洗顔、表面を意図的に剥がして肌の再生を促すピーリング化粧品なども取り入れてみるとよいでしょう。

 

ピーリング化粧品に関しては肌への刺激が強いのでできるだけ低刺激な製品を適切な頻度・間隔で行っていくのを忘れないことが大事です。

 

先ほど触れた予防効果がメインの美白成分が配合された美白化粧品もこうしたターンオーバーの活性化やバリア機能の改善といった効果と組み合わせることでシミ・くすみ対策に効果を発揮します。

 

ですから美白化粧品を選ぶ場合には美白成分だけにとらわれず、エイジングケア化粧品としての総合力もよく見た上で判断していくようにしましょう。

60代のシワのケア方法

60代になると顔中にシワができてしまっていることも珍しくありません。この年代になるとある程度のシワは避けて通れないわけですが、できるだけ目立たないようにすることはできますし、目元やほうれい線、額といったできると老けた印象に見られてしまう部分のシワは何とか日々のケアで改善していきたいものです。

60代のシワケアは保湿対策が第一に大切

60代の美容液

そんな60代のシワのケアには2通りのアプローチを並行して行っていくことが大事です。乾燥による小じわを防ぐ対策と、真皮シワとも呼ばれる深く刻まれるシワを防ぐ対策です。

 

60代にはこのどちらもどんどん進行していくうえに深くかかわり影響を及ぼしながら進行していきます。つまり一方のケアだけでは不十分で、もう一方のケアを行っていないために両方のシワが進行してしまう恐れがあるのです。

 

乾燥によるシワのケアではなんと言っても保湿対策が第一です。

 

老化とともに角質層の保湿力がどんどん低下していきますが、60代になると含有量のピークだった20代に比べてセラミド、コラーゲン、ヒアルロン酸といった保湿成分が半分以下にまで減ってしまうといわれています。

 

その分をいかにうまくスキンケアで補っていくことができるか、乾燥による毛穴の柔軟性の低下や角質層の構造の乱れなど、老化の影響でスキンケア製品に配合されている有効成分が浸透しにくい環境にありますから、配合成分やその含有量だけに目を向けずに浸透性にも着目して製品を選んでいきましょう

 

保湿対策ではもうひとつ、ターンオーバーの活性化も欠かせません。

 

古い肌と新しい肌との入れ替わりをスムーズにすることでハリと潤いのある肌環境へと改善することができますし、ターンオーバーの過程で生成される天然保湿因子(NMF)を増やすこともできます。

 

ターンオーバーの活性化に関してはプラセンタエキスやEGFといった有効成分を補うほか、睡眠環境を充実させる、たんぱく質やビタミンBといった皮膚の生成に欠かせない栄養分を食事でしっかり摂取するといった対策も欠かせません。

目元専用美容液など集中的なケアも大事

60代の美容液

深く刻まれる真皮シワに関しても保湿対策によるバリア機能の維持が重要です。紫外線のダメージを強く受けるようになればなるほど肌を支える力が低下し、シワができやすくなります。

 

とくに目元や額など紫外線を浴びやすい部分は紫外線対策と保湿対策の両方をしっかりと行いましょう。目元専用の美容液を使用するなどの集中的なケアもおススメです。

 

加えて真皮層で肌を支えているコラーゲンとエラスチンの生成を促すための成分をうまくスキンケアで補っていきましょう。プラセンタエキス、ビタミンC誘導体、レチノールといった成分は肌を支える力を改善するのに役立ってくれます。

 

こうしたケアを肌に負担をかけない範囲内でうまく並行して行っていく、これが60代のシワ対策のポイントです。

60代のほうれい線のケア方法

ほうれい線は40代に入る頃から目立ち始める老化の悩みですが、60代になるともう隠し切れない状態で刻まれていることがほとんどです。そのため日ごろのケアで完全に消してしまうことは困難ですが、くっきりと深く刻まれているか、うっすらと見える程度かによって見た目の若々しさにも大きな違いがあるだけにできる限りのケアは行っていきたいところです。

コラーゲンとエラスチンを体内で生成させることが重要

60代の美容液

ほうれい線の最大の原因は老化による肌のハリの低下です。ですからたるみ対策とうまく組み合わせながら行っていくのがポイントとなるでしょう。

 

肌のハリの低下は真皮層に含まれているコラーゲンとエラスチンが減少してしまうのが大きな要因と考えられており、それをいかにうまく補えるかがハリを保ち、改善する上での鍵です。

 

問題なのはスキンケア製品で有効成分を補っても真皮層にまでは浸透しない点で、いくら美容液でコラーゲンとエラスチンを補ったところで肌を支える力の改善にはあまり役立たないのです。

 

この点に関しては直接この2つの成分を補うのではなく、体内での生成を促す対策が重要です。コラーゲンとエラスチンは線維芽細胞と呼ばれる組織の働きによって作られているため、老化などの原因で低下しているこの組織の働きを活性化させることが肌を支える力を取り戻す大事なポイントとなるのです。

 

ビタミンC誘導体、プラセンタエキス、レチノールといった成分に線維芽細胞を活性化させる働きがあるのでこれらの成分が配合されているエイジングケア化粧品を使ってみましょう。

60代のほうれい線ケアは紫外線対策と保湿対策も大切

60代の美容液

それから紫外線対策も忘れてはならないポイントです。老化の原因となるのはもちろん、バリア機能が低下することで紫外線のダメージが真皮層にまで達するようになると先ほど挙げた真皮層のコラーゲンとエラスチンが破壊されてしまいます。

 

そんな環境ではいくら生成量を増やしてもほうれい線の改善には結びつきませんから、紫外線のダメージをカットすること、そして保湿対策をしっかり行いバリア機能の改善を心がけることも日々のケアの中で忘れずに行っていきましょう。口元は乾燥しやすいので肌に刺激を与えないよう配慮したスキンケアの使用も忘れてはなりません。

 

もうひとつ、表情筋のトレーニングもほうれい線のケアに役立つといわれています。

 

60代になると顔の筋肉もかなり衰えており、ほうれい線や目元など表情を作ったときにできるシワが元に戻らない状態になっています。筋肉ですから使えば鍛えることができるので積極的にトレーニングを取り入れてみましょう。「あいうえお体操」や割り箸を使ったトレーニングなどさまざま表情筋トレーニングをネット上で見つけることができるのでためしにいろいろと試してみるとよいでしょう。

60代のたるみのケア方法

60代の肌はたるみと無縁ではいられません。この年代になってハリにあふれた艶々の肌をしている人はいないでしょう。それだけにいかにたるみを予防できるか、肌を引き締めることができるかがこの年代のスキンケアにおける大きなテーマといえます。

60代のたるみケアはシンプルな方法で最大限の効果を得ること

60代の美容液

完全に解消することは難しいですから、どこまでできるか、がひとつのテーマです。あまり過剰な期待をして一生懸命スキンケアを行ってしまうとかえって肌に負担をかけてしまう恐れがあるので要注意です。

 

たるみ対策用のスキンケア製品にはさまざまな種類の有効成分を配合したものもありますが、こうした製品は40代、50代の肌にはよくてもバリア機能が低下した60代の肌には少々刺激が強いこともあるので気をつけましょう。できるだけシンプルなケアで最大限の効果を得る、というのが基本です。

 

この点を踏まえたうえでおススメのケア方法がプラセンタエキスを活用したケアです。胎盤から抽出されたエキスでおなじみのプラセンタエキスにはさまざまな面でたるみ対策に役立つ面を備えています。

 

最大のポイントは成長因子(グローファクター)の存在で、細胞を活性化させることでターンオーバーを促す働きを備えています。ターンオーバーの乱れ・遅れによって古い肌と新しい肌の入れ替わりがスムーズに行かなくなっている状況にこのプラセンタエキスを補うことで新しくハリのある肌への入れ替わりを促すことができるのです。この点はシミやシワ対策ともかかわってくるだけにとても重要です。

プラセンタでたるみの根本的な原因を改善

60代の美容液

さらにプラセンタエキスにはコラーゲンとエラスチンの生成を促す働きもあります。

 

肌のハリは角質層の奥、真皮層に含まれているコラーゲンとエラスチンによって維持されています。繊維状のこの2つの成分が網の目のように張り巡らされ、その力で肌を支えているのです。

 

スキンケア製品で肌に有効成分を直接塗付しても真皮層にまでは届かないため、体内での生成を促すことがたるみ対策の重要な鍵となるのですが、プラセンタエキスにはこの2つの成分を作っている繊維芽細胞という細胞を刺激して働きを活性化させる作用もあるのです。

 

なお、この働きはビタミンC誘導体やレチノールといった成分にも備わっています。

 

なおプラセンタエキスはサプリメントでも摂取できます。バリア機能の低下でスキンケア製品の摩擦が気になる方は体内から取り入れる方法も検討してみましょう。

 

もうひとつ、睡眠環境の改善もぜひ取り入れましょう。就寝中にターンオーバーはもっとも活性化されますから、プラセンタを補ったうえで質のよい睡眠をとることができれば相乗効果で肌のハリの改善をもたらすこともできます。

 

スキンケアだけに依存せずにできるだけ生活習慣全般でうまくケアしていく工夫も必要です。

60代の吹き出物のケア方法

ニキビをはじめとした吹き出物は若い頃によくできるものです。思春期のニキビはもちろん、大人ニキビと呼ばれるものも20代〜30代前半くらいまでよく見られるもので、その後年齢を重ねていくにつれて収まっていきます。それだけに60代で吹き出物の悩みを抱えている場合には肌に問題を抱えている可能性があるのでその原因をよく把握した上で根本的な対策を行っていく必要があります。

60代の吹き出物の原因としてストレスの蓄積がある

60代の美容液

年齢を重ねるにつれて吹き出物が見られなくなる要因は皮脂の分泌量が減少することです。過剰な分泌で皮脂を詰まらせることがなくなり、それをエサに雑菌が繁殖して炎症を起こすことも少なくなるわけです。

 

ですから60代で吹き出物が見られる場合には何らかの原因で皮脂の分泌量が多くなっているかの毛穴が詰まりやすい環境になっているかを疑ってみましょう

 

皮脂の分泌量が多くなる原因としてはストレスとホルモンがまず挙げられます。

 

健康や老後の生活への不安、社会とのつながりが少なくなっていく環境といった事情をストレスを抱えやすい年代です。ストレスが蓄積すると男性ホルモンが増加して皮脂の分泌量が増加してしまいます。ストレス対策は吹き出物だけでなくあらゆる肌トラブルにおいて重要なポイントとなるだけに日ごろからしっかりと心がけたいところです。

 

外出する機会や人と接する機会が少なくなるだけにできるだけ積極的に社会とかかわる環境づくりを心がけましょう

食事やサプリでエストロゲンと似た働きを持つ成分を補う

60代の美容液

もうひとつはホルモンの問題。更年期を境に女性ホルモンのエストロゲンの分泌が減少します。

 

いわゆる更年期障害が見られるわけですが、それが過ぎた後にもエストロゲンがこれまで担っていた役割が十分に機能しなくなることで肌に影響が及びます。

 

そのひとつが皮脂の分泌量の調節で、これに先ほど挙げたストレスや疲労の蓄積、栄養バランスが乱れがちな食生活が加わるとホルモンの乱れで皮脂の分泌量が増加してしまうことが多いのです。この対策ではスキンケアだけでなく大豆イソフラボンなどエストロゲンと似た働きを持つ成分を食事・サプリメントで摂取するなどの対策を心がけましょう。

 

さらに60代の吹き出物対策で注意したいのが乾燥とバリア機能の低下です。

 

皮脂の分泌量が少なくてもバリア機能が低下していると雑菌が繁殖しやすい環境になってしまいますし、肌が乾燥していると毛穴の柔軟性が損なわれ狭く硬くなってしまいます。その結果少ない皮脂の分泌量でも毛穴が詰まりやすくなり、バリア機能の低下もあいまって雑菌の繁殖による炎症、吹き出物が見られるようになります。

 

保湿対策と紫外線対策をしっかり行い、バリア機能をしっかり維持できるスキンケアを心がけましょう。

60代の毛穴のケア方法

年齢を重ねると毛穴が開いて目立ってしまってしまいがちです。また毛穴に黒ずみができてしまうことも。目だったシワやシミはないにもかかわらず毛穴にトラブルを抱えてしまっていることで老けた印象をもたれてしまうケースも少なくありません。

60代の毛穴ケアはコラーゲンとエラスチンを補うことが重要

60代の美容液

毛穴トラブルは老化と非常に密接なかかわりがあるだけに60代になるとほとんどの人になんらかの問題が起こるようになります。

 

とくに毛穴の開きとたるみに悩まされるケースが多く、若い頃のような透明感のある肌が失われて表面がザラザラして見えてしまうものです。60代の毛穴ケアではまずこの問題をどうケアしていけるかがポイントとなるでしょう。

 

この毛穴の開き、たるみの原因は肌そのもののハリ・弾力の低下によるたるみにあります。肌がたるむことで毛穴も縦に長く伸びてしまうわけです。そのためケアには肌のハリ・弾力そのものの改善が求められます。

 

抗酸化成分による老化予防も大事ですが、60代にもなると老化を防ぐ対策では十分ではなく、真皮層で肌を支えているコラーゲンとエラスチンをうまく補っていく対策を重視して行っていく必要があります。

 

真皮層では繊維状のコラーゲンとエラスチンが網の目のように張り巡らされており、その力で肌を支えています。この2つの成分が老化の影響で減少したり、紫外線のダメージで破壊されてしまうと支える力が緩んでいくのです。

 

問題なのはスキンケア製品でコラーゲンとエラスチンを肌に直接補っても真皮層にまでは浸透しないことで、対策では体内でこの2つの成分の生成を促すことが求められます。ビタミンC誘導体、レチノールなどの成分をうまく補っていくようにしましょう。肌のたるみ、シワ対策と併せて行っていきたい点です。

皮脂や角質の詰まりを防ぐケアも行うこと

60代の美容液

もうひとつ大事なのが皮脂や角質の詰まりを防ぐケアです。

 

基本的に年齢を重ねると皮脂の分泌量が減少していくものですが、誤ったスキンケアや極端な乾燥の進行が見られるとそれを補うために皮脂の分泌量が増加することもあります。その結果皮脂が毛穴を詰まらせ、開かせてしまうだけでなく黒ずみや肌荒れの原因を作ってしまいます。

 

さらにターンオーバーが乱れることで古い角質が排出されずに蓄積されていくことで毛穴に詰まっていきます。ですから適度な油分を補って過剰な乾燥を防ぎつつ、ターンオーバーを促すための対策が求められます。

 

後者に関してはプラセンタやEGFといった有効成分をスキンケアで補うほか、睡眠環境の改善やストレス・疲労の解消など生活環境の見直しも大事なポイントとなってきます。

 

毛穴のトラブルは肌のたるみや乾燥など他の悩みが原因で起こることが多いだけに、まずは根本のトラブルを予防・改善するためのケアを第一にしつつ自分が抱えている毛穴のトラブルに合わせた対策を行っていくことが求められるのです。

60代の目元のケア方法

目元は肌の老化があらわれやすい部分であると同時に目立ちやすい部分でもあります。そのためたるみやくすみなどができると一気に老けた印象に見られてしまいます。50代、60代はとくに目元のトラブルが表面に現れやすく、この部分がどれだけ若々しいかによって全体の印象が決まってしまう部分もあります。

60代の目元ケアは適度な油分を補うことも大事

60代の美容液

そんな60代の目元ケアではなんといっても保湿ケアが最大のポイントです。

 

もともと皮膚が薄いこともあって水分が蒸発しやすく乾燥しやすいのが目元の大きな問題点です。

 

しかも乾燥が進むとバリア機能も低下し、紫外線をはじめとした外部からの刺激に対して敏感になっていきます。その結果活性酸素が増加して老化がますます進行し、メラニン色素が増加するとシミ・くすみの原因となっていきます。

 

この目元の保湿ケアでは保湿成分を補うだけでなく適度な油分を補うことも大事なポイントです。この部分は皮脂の分泌量も少ないのでせっかく保湿成分や水分を補っても保つことができずに蒸発してしまいます。

 

そこで油分を補うことで表面にフタをして蒸発を防ぐわけです。

 

なお、乾燥が進んでいる場合、それを補うためにかえって皮脂の分泌量が増加することもあります。一見よいことに思えますが、それが毛穴を開かせて目立たせてしまう問題を起こすこともあるのです。その意味でも適度な油分をうまく補うケアが欠かせないわけです。

 

また、保湿成分のセラミドは脂溶性なので油分となじみやすい特徴を備えています。

 

ですから美容液だけで補うのではなくクリームでもうまく補っていくとより効果的です。

クレンジング前にリムーバーでアイメイクを落としておくケアも大切

60代の美容液

それからコラーゲンとヒアルロン酸に関しては浸透性をアップさせるために分子量を細かくする処方が施されたスキンケア製品を選ぶとよいでしょう。加齢や紫外線のダメージによって角質層の構造が乱れていると有効成分も浸透しにくくなってしまうのでこうした浸透性をアップさせるための工夫も必要なのです。

 

メイクとの関係も踏まえておきましょう。アイメイクをあまり濃くしてしまったり、カバー力が強いファンデーションを使うとクレンジングで落とす際に肌に負担をかけてしまいます。皮膚が薄くバリア機能が低下しているところにメイクの負担が重なり、さらにクレンジングの刺激がもたらされると美容液やクリームでのケアが追いつかないほど大きなダメージを受けてしまうことにもなりかねません。

 

できるだけメイクは薄めに、濃いメイクをする場合にはクレンジングの前にリムーバーを使って落としておくなどのケアも忘れないようにしましょう。

 

とにかく目元の皮膚は繊細なだけに余計な負担と刺激を避けながら環境を改善していけるようなケア方法を心がけていきたいところです。

 

コスメルジュ編集部が選んだ60代におすすめの美容液

60代におすすめの人気美容液

パーフェクトワン 薬用ホワイトニングジェル

60代美容液口コミ

3500万個突破!たるみとシミを同時にケアする日本で最も売れているオールインワン
4,500円→3,700円・税別 ※初めての方限定/定期コース初回2,250円(2回目以降10%OFF)税別
>>パーフェクトワンの公式HPで詳しく見てみる!
リソウ リペアジェル

コラーゲン不足が原因のしわ・たるみに!1滴の水も加えない高濃度美容液
たっぷり2週間お試しに今ならリペアウォーター(化粧水)もついて1,980円!通販限定
(15000円の本商品が2週間たっぷりお試し!さらにリペアウォーター3000円付)
>>リソウの公式HPで詳しく見てみる!
ヴィーナスプラセンタ原液

60代美容液口コミ

1滴でシミ・シワ・毛穴に即感力!貴重な3大美肌成分を原液でトリプル配合
30ml 4,500円・税別/定期初回1,980円(2回目以降3,600円)税別
>>ヴィーナスプラセンタ原液の公式HPで詳しく見てみる!
HAKU メラノフォーカスV

14年連続美白美容液売上No.1!資生堂独自の美白有効成分がシミの発生をブロック
Web限定1ヵ月トライアルサイズ3,996円・税込(お試し20g+詰め替え用ボトル)
>>HAKUの公式HPで詳しく見てみる!
プリオール ジェル美容液

まるでテープを貼ったようなハリ感!あらゆる年齢線を目立たなくさせるジェル美容液
プリオールスキンケアお試しセット1,080円・税込
(メーク落とし洗顔石鹸8g・化粧水30ml・ジェル美容液7g・おしろい美白乳液(日中用)5ml・クリームイン乳液7ml・BBジェルクリーム)
>>プリオールの公式HPで詳しく見てみる!