60代の紫外線対策で気を付けたいことはどんなっことでしょうか?

紫外線は老化の最大の原因です。それだけに60代のスキンケアでは紫外線のダメージをいかに防ぐことができるかが大きなポイントとなってきます。

60代は紫外線の蓄積が老化を加速させてしまう

60代の美容液

そんな紫外線対策で注意したいのはどんなシチュエーションで紫外線を浴びているのかをよく確認しておくことです。

 

どうしても夏場の日差しが強い昼間に紫外線を浴びるイメージが強いものですが、実際には紫外線は一年中降り注いでいます。

 

たとえば4〜5月の春先は夏場と比べてもそん色ない量の紫外線量となっており、油断して天気がいい日に外出しようものならあっという間に日焼けしてしまいます。冬場も紫外線の量こそ少ないものの、やはり肌に確実に降り注いでいます。

 

若い頃は気にならない冬場の紫外線も60代になるとその蓄積が老化を加速させて肌に影響をもたらすことになるので気をつけたいものです。

 

時期だけでなく天候やシチュエーションにも気をつけましょう

 

たとえば曇り空の日は晴れの日に比べて紫外線量が40パーセントほどダウンするといわれています。逆に言えば60パーセント分は降り注いでいることになるわけですから、かなり無視できないことになります。

 

それからアスファルトの上を歩くときには地面に反射する分にも注意しなければなりません。日陰に入っているから大丈夫、と油断していると地面から照り返された紫外線を浴びてしまうこともあります。

 

それから屋内で過ごすときには窓から降り注ぐ紫外線にも気をつけましょう。窓際で過ごしているとガラス越しに紫外線が降り注ぎます。屋内にいるときには日焼け止めだけでなくメイクもしていないことが多いでしょうから、とくにダメージが蓄積しやすい環境にあります。

最小限の負担で紫外線をしっかりカットできる環境づくり

60代の美容液

こうした紫外線を浴びる環境について十分に知っておいたうえで日焼け止めなどの対策を行っていくことになります。

 

ここで気をつけたいのは日焼け止めがもたらす肌への負担です。

 

基本的にUVカット効果に優れている日焼け止めであればあるほど肌への負担が大きくなります。紫外線をカットできたのはいいものの、今度は日焼け止めの負担で肌環境が悪化してしまう、なんてことも起こりうるわけです。

 

ですからつねに同じ日焼け止めを使用するのではなく、日差しの強い日用、長時間の外出用などケースバイケースで使い分け、最小限の負担で紫外線をしっかりカットできる環境づくりを目指したいところです。

 

あとは日傘やサングラス、帽子など日差しを直接遮るアイテムもうまく利用して日焼け止めの負担を減らす工夫も取り入れていきましょう。

60代におすすめの人気美容液

パーフェクトワン 薬用ホワイトニングジェル

60代美容液口コミ

3500万個突破!たるみとシミを同時にケアする日本で最も売れているオールインワン
4,500円→3,700円・税別 ※初めての方限定/定期コース初回2,250円(2回目以降10%OFF)税別
>>パーフェクトワンの公式HPで詳しく見てみる!
リソウ リペアジェル

コラーゲン不足が原因のしわ・たるみに!1滴の水も加えない高濃度美容液
たっぷり2週間お試しに今ならリペアウォーター(化粧水)もついて1,980円!通販限定
(15000円の本商品が2週間たっぷりお試し!さらにリペアウォーター3000円付)
>>リソウの公式HPで詳しく見てみる!
ヴィーナスプラセンタ原液

60代美容液口コミ

1滴でシミ・シワ・毛穴に即感力!貴重な3大美肌成分を原液でトリプル配合
30ml 4,500円・税別/定期初回1,980円(2回目以降3,600円)税別
>>ヴィーナスプラセンタ原液の公式HPで詳しく見てみる!
HAKU メラノフォーカスV

14年連続美白美容液売上No.1!資生堂独自の美白有効成分がシミの発生をブロック
Web限定1ヵ月トライアルサイズ3,996円・税込(お試し20g+詰め替え用ボトル)
>>HAKUの公式HPで詳しく見てみる!
プリオール ジェル美容液

まるでテープを貼ったようなハリ感!あらゆる年齢線を目立たなくさせるジェル美容液
プリオールスキンケアお試しセット1,080円・税込
(メーク落とし洗顔石鹸8g・化粧水30ml・ジェル美容液7g・おしろい美白乳液(日中用)5ml・クリームイン乳液7ml・BBジェルクリーム)
>>プリオールの公式HPで詳しく見てみる!