60代のメイクで気を付けたいことやポイントってどんなことでしょうか?

クレンジングと洗顔の負担になるメイクは避ける

60代の美容液

60代のメイクにはいろいろな意味がこめられています。いつまでも若々しく美しい姿を保ちたいという女性としての自然な欲求に加えてシワやたるみ、シミといったトラブルをうまくカバーしたいという願望、さらにしっかりメイクをしつつも肌にできるだけ負担をかけないように注意しなければならないという意識。

 

こうした条件を満たした上で自分に合ったメイクを心がけていく必要があるわけです。

 

まず基本中の基本として踏まえておきたいのがクレンジングと洗顔の負担になるようなメイクは絶対に避けること、です。

 

メイクが濃くなればなるほど、またはカバー力に優れたファンデーションを使えば使うほどそれを落とすために洗浄力に優れたクレンジング剤が必要になります。このクレンジングの負担が肌にダメージを与え、それが蓄積していくことで肌荒れやターンオーバーの乱れといったトラブルを起こすことが多いのです。

 

クレンジングと洗顔はスキンケアの土台となるだけに、あくまで肌に負担をかけないクレンジング・洗顔でしっかり落とせる範囲でのメイクを心がけましょう。

 

この基本を踏まえたうえでいかに60代ならではの悩みやトラブルをカバーしつつ魅力的に演出できるメイクができるか、ということになります。

60代はナチュラルなメイクを心がけること

60代の美容液

この点ではまずナチュラルな色を選ぶようにしましょう。いかにもメイクで一生懸命隠そうとしているのがわかってしまう色でメイクをしてしまうと不自然なだけでなく厚化粧な印象をもたれてしまいます。

 

どうしてもシミやシワを隠したい、顔色をよく見せたいとと明るい色を選んでしまいがちですが、ナチュラルで落ち着いた色を選んで全体的に地味な感じのメイクを心がけましょう。

 

目元のメイクもひと工夫が必要です。やりすぎるとやはり不自然になってしまいますし、目元の皮膚は薄いのでクレンジングの負担がとくに大きくなります。

 

ごく自然に、しかも印象的に演出できるようなメイクが求められます。まずアイライナーではくっきり見せてしまう黒ではなくブラウン系を選びましょう。自然に、しかもいきいきとした印象に仕上げることができます。

 

それからアイシャドウはリキッドタイプよりもペンシルタイプでうまくぼかすように使っていくのもおススメのポイントです。リキッドタイプはシャープな印象を作り出すのに適していますが、60代ではこうした印象はやはり逆効果、うまくぼかしつつ全体を印象付けられるような方法を選びましょう。

 

他には口紅はツヤを意識しつつ保湿効果で唇の荒れを防ぐことができるものを選ぶなども覚えておいて損はないポイントです。

60代におすすめの人気美容液

パーフェクトワン 薬用ホワイトニングジェル

60代美容液口コミ

3500万個突破!たるみとシミを同時にケアする日本で最も売れているオールインワン
4,500円→3,700円・税別 ※初めての方限定/定期コース初回2,250円(2回目以降10%OFF)税別
>>パーフェクトワンの公式HPで詳しく見てみる!
リソウ リペアジェル

コラーゲン不足が原因のしわ・たるみに!1滴の水も加えない高濃度美容液
たっぷり2週間お試しに今ならリペアウォーター(化粧水)もついて1,980円!通販限定
(15000円の本商品が2週間たっぷりお試し!さらにリペアウォーター3000円付)
>>リソウの公式HPで詳しく見てみる!
ヴィーナスプラセンタ原液

60代美容液口コミ

1滴でシミ・シワ・毛穴に即感力!貴重な3大美肌成分を原液でトリプル配合
30ml 4,500円・税別/定期初回1,980円(2回目以降3,600円)税別
>>ヴィーナスプラセンタ原液の公式HPで詳しく見てみる!
HAKU メラノフォーカスV

14年連続美白美容液売上No.1!資生堂独自の美白有効成分がシミの発生をブロック
Web限定1ヵ月トライアルサイズ3,996円・税込(お試し20g+詰め替え用ボトル)
>>HAKUの公式HPで詳しく見てみる!
プリオール ジェル美容液

まるでテープを貼ったようなハリ感!あらゆる年齢線を目立たなくさせるジェル美容液
プリオールスキンケアお試しセット1,080円・税込
(メーク落とし洗顔石鹸8g・化粧水30ml・ジェル美容液7g・おしろい美白乳液(日中用)5ml・クリームイン乳液7ml・BBジェルクリーム)
>>プリオールの公式HPで詳しく見てみる!